秘湯中の秘湯

物凄い山の中の温泉に行って来ました。

福島市から米沢方面

姥湯温泉へ

どんな所かと思ったら

道路は狭く

山の中どんどん上がって行く

一応舗装はされているんですが、すれ違うのに

私だったら、絶対バックは出来ない~

ひえぇ~~左手は崖じゃございませんか

どうか上から車が来ませんようにと祈りつ

それでも何度かはお互いにバックで広い所で譲りつつ

進むことどのくらいだったろうか・・・

途中こんな山の中でも新幹線が通る駅があると言うので

画像


確かにそのものズバリの駅名

画像


駅のホームが昭和レトロな感じの

木のドームで覆われていました。

時間も何も調べてなかったのに

何と!そこに新幹線が!!!

画像


あっと言う間に通過

乗ってるお方めちゃめちゃ凄い山の中ですよぉ~

そして車はまだまだ山を登って

途中にスイッチバックの方法なんて書いてあるし

「オレ運転上手いから一回で行ける」何て言ってたけど

あれ、やっぱりスイッチバックしておりました

そして着いたのが

画像


姥湯温泉でございます。

画像


旅館なんかあるけど食料調達するだけでも大変そう

この建物の上の方に露天風呂があります。

撮影は禁止とありました。

女性専用もあったので安心(まだ恥じらうので)

男湯は混浴でした。

硫黄の臭いが体にきく~って感じ

紅葉を眺めながら、川の音を聞き

はぁ~極楽極楽

他に入ってる方が姥湯って言うのだから

姥捨て山だったんじゃないの何て言ってました。

私も姥になってこんな所に捨てられたら生きていけませんわな

後で調べたら、老婆がお湯に入っていたから付けられたそうです。

昔の老婆はこんな山の中でも生きてられたんですな。

画像


まあまた来ることがあるかどうか分からないほどに

凄い山の中でした。

それでも結構人は来ていました。

画像


家に帰ってもまだ硫黄の臭いが暫くは消えませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント