蒲生氏郷公のお墓

会津若松は桜が満開になりました。

お城は大変込み合ってるでしょうね。

そんな中あえてひっそりとしている

蒲生氏郷公のお墓へ、桜に誘われるように行ってみました。

画像


商店街の中心地、駐車場の脇にあるお墓は

お城の側にないせいか、観光客など訪れる人も少なく

歴史ファンがポツポツと写真を撮ってるような

静かな場所にあります。

私の大好きな葉室麟の「冬姫」を読んだ時に

冬姫とはどこぞの姫かも分からなかったのですが

織田信長の娘、蒲生氏郷の正室だったのですね。

え~それって会津にも関係があるじゃんって

何となく蒲生さんに親しみを持っちゃったりして

そう言えばこの辺にお墓があったのではとお参りして来たのです。

画像


辞世の句、40歳と早くに自分の命が尽きるのを惜しんだ句だそうです。

画像


お墓

画像


信長に才能を見いだされただけあって

文武に優れ素晴らしい人だったみたいです。

会津藩の発展の礎を築いたそうです。

起き上がり小帽子もこの人が広めたそうです。

画像


のんびりとした日曜の昼下がり

にゃんちゃんがいた。

声かけたら逃げるかなと思ったら

うにゃんと寝っ転がった。

にゃに?触ってもいいわよとばかりに

お愛想お愛想

もう一匹あ、まだあそこにも

画像


人慣れした猫が4匹ぐらいいたかな。

猫好きな人がなでていた。

氏郷様の周りには猫達が墓守してるよう

猫好きだったのかな?


そう言えば氏郷様はキリシタンで洗礼名が「レオ」

ジャングル大帝レオはライオン

ライオンは猫に似ている

いやいや私のこじ付けですが(笑)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント